津軽海峡のマグロ釣り・北の海


エサを追い求めさまざまな海域を泳ぎ回っているのは当たり前の事である 
マグロにとって自身が使うエネルギー量に見合う量が有利に獲れる 所が
津軽海峡である 特に8-12月にはイカ・いわし・秋刀魚の細型が多い
トビウオやシイラも青森側には多くいてマグロ好みのエサとなっている
107-0766_IMG


私が子供の頃からの ライバルであり友人 
マグロ釣りに関しては師匠でもあり4歳先輩は 釣りマグロと
ウニ料理などが食べられるレストランと『旅館 新生』を
積丹半島の余別で経営している
一本釣りの黒マグロも絞め方によって
味のまったく違う別物になってしまうが
ウニもムラサキウニとバフンウニの二種類だと思っている方も大勢います 
しかし似たものが数種あって 味のまったく違うものとなってます
当然食べているエサとなる昆布や潮の流れの強弱にも関係しますが
扁平型でトゲが短く草土色のバフン 似ていますがころんとした
御椀型をしたのがエゾバフンと呼ばれるもので最高級と言われ 味の違いは
歴然としています 旅館 新生では美味しいものが食べられるはずです

右120K 左で80K位でしょうか 2本共釣上げた直後で動脈を切り船倉
にあるプールに泳がして一気に血抜をしてしまいます 15分後には
内臓とエラを処理して綺麗にしてからクラッシュした氷の入ったケースに
1本づつ入れ 溶けた氷水を抜いてから船に備え付けの箱に移動します
そのままの状態から大きさにもよりますが 5-6日後が食べごろです


105-0507_IMG


柴田氏のマグロに対する考え方は以前に新聞などと一緒にこのブログに
載せていますが 一本釣り・大型の機械は使わず 手だけでやりとりします
小型のマグロは釣れにくい 古典的だが間引きをする感じで
資源をキープする事を考える 私もその考えに賛同する一人なんです

写真は氏が余別で使う棲家です 
一般的に魚釣りは早朝からと思われますが私達はゆっくり のんびり型 
朝ドラを見ながら朝食 塩ウニたっぷりの特大オニギリを1個づつ持って
船に乗り日ぐれ前には 帰港します
津軽海峡に行くと 札前に船を入れさせてもらい 一軒屋をお借りしている
小島・大島に一番近い港だが組合は さくら漁協で松前と一緒である
8月末位から少しづつ海峡にマグロが降りてきますから 我々も海峡に
移動する事になりますが パグ犬の小太郎や小次郎 
亜里ちゃんも一緒ですから積丹半島から津軽海峡へ
一台の車では引越しできない 大移動でした


107-0741_IMG


2003年5月29日はトカラ列島から札幌に戻り 
直に積丹半島のカムチャツカ根にて4ー50Kを ゲットする
大物かんぱちは底物に属するタイプ 
マグロは水深50m位を群れをなして泳ぐ 
ジャンボ1本釣りは マグロを水面におびき出し
飛びつかせて釣る方法なので 極端な小型は掛かりにくいが 
昨日アップの かんぱちと同じ位の重量なので
釣り上げた時の感蝕を比較すると 
重く力強いお相撲さんと弾丸ランナーのような違いがあって 
慎重に焦らず道具を上手く使いこなす事が必要だった釣りと
敏感に素早い行動と判断でスポーツ的な釣り方で大いに異なっていますが 
どちらの釣りも凄い迫力です



107-0717_IMG


旅館 新生の従業員が2階を使っています
1階は私達が使わせていただいて 玄関にある自転車は
船まで3分間乗る愛車です
何処に行くにも犬と一緒な私達を
広い心で迎え入れてくれた方がたがいたので
釣りや旅行を楽しいものにする事ができましたが 
ずいぶん前の事ですから その頃は 
現在の犬に対する対応とは大いに違いがあったんです

天候の変化 魚種の変化 農作物の変化 経済の変化
地球はたえず変化しています
地球人としては これから起こるであろう さまざまな変化に
柔軟に対応して 不都合な事には知恵を持って対処しながら
クリアーにしていかなければならない訳です
10年ひと昔と言われていますが いいえ最近の勢いを
冷静に分析すると5年位かな?
1世紀先の事は何となく想像したりします 
しかし地球の歴史を考えた時には
さまざまな事を連想しながら・・・人生は1度きりなので
沢山楽しみながら社会人として後の人達に
なるべく迷惑をかけないような工夫を出来るだけ多くしたいと思うこの頃。

広い範囲多くの人と深く知り合い 分かり合う事から 
自分の考え方や生き方は変わる
さまざまな環境とそれらの歴史を知る事 
気候と生活を関連付ける事は素晴らしい人間の知恵です
皆さんも私も沢山知恵を出さなくちゃ・・・ですよね。 




この記事へのコメント