トカラ列島のかんぱち釣り・南の海


南の海で かんぱち釣りがあまり行われていない頃
2003年 トカラ(十島村)には見た事もないほど大きな カンパチがいる
とのウワサがあった 
お寿司にして食べるには70cm5k位が 少し若い油で
美味しいのだがと私は思う 
40kもあるらしいとのことだから?
大分の友人 釣り馬鹿同士の二人で出掛けることとなった
104-0438_IMG


日本といわず さまざまな釣り場に出向いてきたが 
トカラは独特な地形(海底)と潮流だった
右は釣友の川原氏 川・河・サーフ・磯など釣りとなると総ての事を
犠牲にできる程の見事な釣バカであり 私と同類である 

台風が多くなる前にトカラの海を見てこようと 相談を受けていたので
5月の海が安定した頃にした 自分の気に入った道具で 釣り方に見合った
仕掛けを自分で作らなければ 気が済まない二人なので
船を出すまでに多くの事を研究 そしてそれに見合った道具をそろえる 
共通するのは底で仕掛け等が絡まない為に道糸の太さを同じにすること位で 
釣りに対するイメージが多少違う事で着るもの 被るもの 
竿 リール 総てに違いがあるものです


104-0421_IMG


一週間位の予定で 船は食料を積み込み九州を出て 私にはなつかしい
屋久島沖を通り一路 トカラに向う 私はベットでぐっすり寝て朝起きると
ここがトカラかと思わせる 今迄見た事のない独特な景色だった
船長がエサに使う真鯵の群れを魚群探知器で探し始めているが 
大きさが合わない様子でウロウロしていると 毎年カツオの水揚げ
日本一を競っている有名な船が寄ってきた
小型の魚をカツオが追っているんです そのカツオ達をエサにできる
大型の魚も居るはずと言うわけでポイントは一点となっているんです 
見事な竿さばきで次々と釣り上げるテクニックを30m 長竿で
仕掛けが届きそうな距離で魅せてもらった 
テレビや写真では見た事があったが 実際を見ていたら
『上には上があるもんだ』を実感した
川原氏も無言で約30分のかつおショウーを観ていたが 
やるなーと呟いていた

エサもちょうど良いサイズが揃ったので いよいよ大物釣りを始めてみた
狙いはかんぱち30kオーバーに絞っているので 
磯マグロ等にじゃまされながら40㎝の真鯵を泳がせながら素早く
海底400m-500m沈める
大型のかんぱちが海底にいることは魚群探知機で判っているが 
そこにエサを届ける事ができるかどうかが深いので難しいところだ 
磯釣と違ったテクニックが必要になる

かんぱちの大物 当然今年の日本記録が釣れた
この位の大物になると1本でいることはなく 
かならず2本一緒に行動しているのでもう1本釣上げた 
道具や仕掛けが違っても魚へのアピールは同様であり
大物に対応した考えも同等だったと互いを認めた瞬間だった


104-0435_IMG


今回の釣行で かんぱちの大物は写真の2本のみ 
目標オーバーの40k以上だった
南の海で釣れる魚が 私にはどれも珍しく美味しそうに思えた
サバに似た50K位の磯マグロは沢山釣れる 美味しそう
だが船長はリリースして1m位のクエは大切に扱われて夕食に並ぶ
私は釣りのエサにしていた真鯵のタタキを御飯の上に乗せ
生味噌で食うのが最高に美味しく思えた


104-0447_IMG


今回の釣行で使った竿はトローリング用のもの 水面までの長さを考えると
掛かった魚を取り込む時に無理がないように考えた 底釣りなので
リールはウインチしやすくてPE20号がたっぷり巻けて 
スプール幅の狭いものを使った 
相当な勢いと重量感なのでドラッグに信頼性のあるもの使ったが
見事 期待にこたえてくれた
天候がもう少しだけもってくれたなら 南大東まで行ってみたかったが
次回にするか?等など 帰りは釣りをしないで天候に追いかけられるように
帰港した
大物かんぱちを船上で食べたが 刺身は・・・鍋の具材用だった
15年前には南の海を楽しませてもらいましたが 北海道に帰ってきてすぐに
積丹・津軽海峡でのマグロ釣り 北の海を堪能するんです
それを追うように大分の釣友は我棲家にくる 徹底してやり残しが無い
人生スタイルで 今やらなければ 後では遅過ぎるしできないのです
確かです  





この記事へのコメント