女性犬の体調は?  * 見づらい写真が多数あります、観覧注意です *


女性に限った事ではありません 
環境・外的要素が脳を何らかの形で刺激して 
又はその逆なのかもしれませんが 
その他にもさまざまな事が研究されていて
さまざまな形で世の中に発表されています 
我々はネットも使いますから 現代人の皆さんは大変な知識人
と言う事になり自分の身体の事をかなり詳しく知っているかもしれませんが 
腸や排便排尿が脳と密接なつながりがあるとは
5年前には考えもしませんでしたね

24.JPG

朝起きてくると軽く鼻歌 今日の予定は特別考えていない 
何がおこるか判らない どんな一日になるかは
その時になってから考えまーす
相手もいる事だからハッキリ決めてはいない 
なんとおおらかで聞いているだけでウキウキしてくるような考え方を
お持ちの人がいますね、
その逆パターンでタイムスゲジュールがしっかりできていなければ 
行動する事 動く事もできない人もいます

14.jpg

上記タイプの方に大勢の中の一員になっていただき 
ある環境の中だけで全員と同様の行動しかできない
つまりアバウトの無い環境を長時間与えた場合には 
ホルモン形態に異常が発生します
下記タイプの人を一人で一日知らない町に置いてきぼりにして 
夜になったら迎えにきますと言った事を を想像してください
迎えに行って会った時の事 
放心した精神状態のように見えるかもしれませんね
環境にあったタイプ タイプにあった環境の中での実生活が 
精神衛生上大切なんですね

13.jpg

江戸っ子生まれで育った70代の方が 今の東京は住みにくいといいます
現在の環境についていけないということでしょうか?
知恵を持ち・考える能力が高い哺乳類の共通している事で 
昔から言い伝えられている事に共通しています
自分らしくとか 身の丈にあった生活 等と過去の人間は言っていましたね


12.jpg

表われる現象は今も・昔も変わらないのですが 何故そうなるのかを
詳しく知る事ができる現代の研究は説得力があります
自分に見合った生活環境の中で暮らしたり 
ワンちゃんのタイプに見合った生活スタイルを
見抜いてあげる事で健康的な生活が送れるのではないでしょうか

11.jpg

女性犬には1年に1度又は2度の発情期があります 
その発情期は1ヵ月位続きます 前期・出血のある中期・後期と
大きく3期に分けて体調やホルモン状態等を見る事ができます
女性犬の行動や局部の形状そして子宮から出てきている内容物などから 
発情の進行状態を知る事ができますが
正確な状態を知るには スメア検査をします 
子宮から廃出された物を直接採取して検査します
犬の精神状態や体調を飼い主が知ってあげる事で 
健康とさらに深い絆ができるように感じていますよ

10.JPG

写真に尿道炎の疑いがあるものも含まれていますが 
さまざま送られてきた来た 一部を見ていただきます
あ、うちの子 今この状態等電話で知らせて下さる時の参考にして下さい。


● ホームページは こちらです、
 ホームページから入ると 楽しい記事が満載です



 最後まで見ていただき ありがとうございます

 ブログのランキングに参加しています

 ポチッ、ポチッ、ポチッと クリック お願いします



にほんブログ村   人気ブログランキングへ       




この記事へのコメント