先祖犬 ・ 新盆祭だから  * フレンチブルドッグ *


とっても暑いお盆になりました
我家は仏壇がありませんので 神棚と御霊舎にお酒やお水 お米とお塩等などを
お供えして神様と先祖様に さまざまな報告と御礼を言うんですよ
犬舎の大部屋の御霊舎には先祖犬が居て守護神となっていると 言われているんです
学園には人間用と犬用がありますから 大勢の守護神に守られていると思うと
私は神事になるとハリキルんですよ
特に今年は新盆祭と言われる年なんです 
2月11日にミルクが神様の近くに行きましたから

小次郎


函館犬舎を作る予定をした時に フレンチブルドッグの芯になるのは『小次郎』と決めていました
小次郎の両親犬や先祖はアメリカより来たばかりで 
その仔を手に入れるのが大変だった事を思い出します 
さらにそのお嫁さんを見つけたくともなかなか簡単に見つかるはずも無いと判っていながら 
日本中を探し回りましたね 候補になる犬がいた場合には 札幌から九州迄 
小太郎や小次郎を乗せて走りました
希望のフレンチブルドッグの子供が産まれるらしい知らせがあって 
やっと小次郎のお嫁さんが決まったのが『桂里』です

ケリー


ケリーは誕生から100日になる前に引き取りにいきましたが 私共の事をよく知っていた人なので
快く安心して渡してくださいました
生涯に一度の交配を小次郎と 約束どうり男子1頭のみを産んで 後の犬生をのんびり
ゆったりと函館犬舎(現学園)で過ごしたんです

            トーラ
            

立派な赤ちゃんでした クリームが誕生する事が判っていましたから
母犬がタイガーブリンドルだった事を忘れないように『虎』トーラと名づけたんです
誕生100日に記念写真を撮りました 少し気が早いようにも思いましたが
お嫁さんを決めなければと同族の中から選び抜かれて誕生間もない女の子を
許嫁としたんですよ
       
      ミルク
kulSc19Av48AECEF3.jpg

産まれてきた時 牛乳のような白色に見えたので
そのまま『美留久』ミルクと名づけられたんです
やはり100日の記念写真ですが 眼が綺麗いだった事が印象に残っていますね

トーラ


男性として充分な自信が付いてきた頃のトーラは犬舎のリーダーともなっていて
父犬になる資格が備わってきました

ミルクと赤ちゃん


ミルクはトーラーとしか交配しませんでしたから 産まれた子供達は良く似ています
同じ食べ物と似た運動と量 似た環境だった場合 ほぼ同様の体調となりますね
胴体で産まれた兄弟が南の沖縄と北の北海道にまで居るんですよ
     
      ミルク
miruku.JPG      

4回の出産で立派な後見犬を作り全国各地にポッ・ポッとですがマダム・ケイコの
名が付く犬がいましたが ミルクの子供達が多くの子供を作ってくれましたから
その数は一気に増えました 
現在も学園にミルクの娘と息子は4人いて男子も子孫を残す手伝いをしているんです
ミルクの子供達・孫・曾孫も新盆祭祝いに来てくれましたので喜んでいるでしょうね



ホームページ下の列をクリックすると2007年-2016年迄のブログ合計888アップが見れます。

ホームページへはこちらです!
クリックして 楽しい記事と写真をご覧ください


最後まで見ていただき ありがとうございます
ブログのランキングに参加しています
ポチ、ポチ、ポチッと クリック お願いします
 
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへにほんブログ村   人気ブログランキングへ